#14

異文化交流EVERYDAY★

2020年入社

相良 愛里

九州大学 大学院 人文科学府 言語文学専攻

1年目:医療部 医療サービス課 / 2年目~現在:ガス部 第一課米軍担当

異文化交流EVERYDAY★

米軍・自衛隊の高圧ガス販売担当者として、航空機を飛ばすのに必要な酸素や窒素といった高圧ガス等の契約・納品調整、入金管理などを行っています。医療部からの異動が突然決まったときは、まさに青天の霹靂。「よし、自慢の英語力が活かされる時がきた!」と、胸がときめいたのも束の間、私にとっては「転職」と同じぐらいのハードな戦いが始まりました(笑)

第一の壁は、業務に必要な高圧ガスの知識が全く無かったことです。異動したての頃は、お客様からの質問への返答に時間を要しながら対応する時期もありました。今、思えば、それも私を大きくさせてくれたいい経験だと感じます。

また、更なる試練は、ガスに関する専門英語を一から学ばなくてはいけないことでした。私が学生時代に専門としていたのは、19世紀英文学だったため、「耐圧」や「特充許可」、「真空引き」などという単語は、もちろん日本語でも聞いたことがありません。ちなみに、私はアセチレン “ACETYLENE”という発音が苦手で、お客様に発音を教わりながら、仲良くなるという営業戦略(?)をとっています(笑)

第二の壁は、米軍のお客様との距離の取り方です。基本的にはリスペクトを示しながらもフランクに接客することを心がけています。しかし、ビジネスを行う上では、こちらの意見をはっきりと伝えなければいけない場面もあります。日本人の感覚としては「こんなに強く言って大丈夫か?」と思うこともありますが、誠心誠意ご説明すれば、お客様もこちらの提案に納得してくれます。米国の、「自己主張」に重きを置く文化を通して、「礼儀」についても学べている気がします。

米軍担当は、私一人のため、責任の重さを感じることも多々あります。私が、どうにか仕事を回せているのは、どれだけ忙しくても、助けてくれる上司や先輩方、そして声をかけて励ましてくれるお客様のおかげだな、と思っています。社会人3年目、まだまだヒヨッコです。これからも一生懸命頑張ります!

一日のスケジュール

8:00

メール確認・会計処理・見積 / 資料作成

10:00

外回り

12:00

嘉手納基地でランチ

15:00

翌日の納品準備

16:00

事務処理

17:30

帰宅

オカノに入社を決めた理由

私がオカノに決めた理由は、2つあります。1つは、「沖縄で英語を使って民間企業で働く」という私の就活の軸に当てはまったという点。もう1つは「働いている人が個性豊かであり、古い常識に囚われなさそうな会社だ」と思った点です。ちなみに、同期は8名居ましたが、私の予想通り、下は18歳~上は30歳の多種多様な人材が採用されていました。また、先輩方もユニークな方が多く、一緒に仕事をしていると色々な意味で多くのことを学ぶことが出来ています(笑)

Entry

エントリー

Copyright© 2022 株式会社オカノ