#06

積んできた知識や経験が現場でカタチとなったとき

2018年入社

高良 有人

琉球大学工学部 機械システム工学科

1年目:消防防災部 / 2年目~4年目:能美防災株式会社へ研修のため出向(東京) / 5年目~現在:消防防災部 消防防災課

積んできた知識や経験が現場でカタチとなったとき

主な業務内容としては、弱電工事の現場施工管理です。扱う機器は、感知器などの防災機器をメインに、その他テレビやインターホン、防犯カメラなどもあります。施工管理とは、工事現場の施工状況や予算管理、安全管理に加え官公庁へ提出する書類作成など、工事に関わるすべてのことを管理する業務です。

私は入社2年目のときに能美防災株式会社という業界大手の総合防災設備メーカーに3年間出向させて頂きました。

出向先は東京で、沖縄にはないような30階建ての超高層ビルや1,700室もある巨大なホテルなどで仕事をすることもありました。慣れない環境での仕事や生活は大変でしたが、メーカーの高い技術や教育を学べて良い経験が出来たと思っています。今後は出向先で学んだ技術を沖縄での工事に活かしていきたいと思います。

担当した現場が無事に竣工したときにはとてもやりがいを感じます。知識や経験を積むまでは大変ですが、身に着けた力で自分の考えを現場に反映出来たときは、大きな達成感を味わうことができます。那覇空港ターミナルビルなど、大きな現場で遅い時間まで仕事をすることもありましたが、そんな時こそ先輩や職人さんたちとコミュニケーションを取って、楽しく仕事を進めることを心掛けて業務を行っています。

一日のスケジュール

07:00

現場の準備

07:15

現場への移動

08:00

朝礼

08:15

作業員とのKY活動

08:30

現場の進捗状況のチェックと作業員の仕事の補助

12:00

昼休憩

13:00

社内に戻り資料作成

オカノに入社を決めた理由

就活をしている時は、やりたい仕事が明確に決まっていたわけではないので、沖縄県内でさまざまな仕事をしているオカノに入社できれば、自分に適した仕事が⾒つかるはずだと思って入社を決めました。

Entry

エントリー

Copyright© 2022 株式会社オカノ